60代後半 女性の声

ご提案コース


お客様のお悩み

  • 外反母趾で関節が靴に当たって痛い
  • どんな靴でもすぐに足が疲れてしまう
  • 踵あたりが痛くて歩くことが苦痛

フットケアのカウンセリング内容

  • 普段使いの靴に3つのアーチのついた某メーカーのインソールを入れ、靴幅の広い4E.5Eからのサイズ見直しを提案。
  • 外反母趾の為、その他の足の指を上手く使えておらず「ハンマートウ」気味だったので、アーチサポートのついた靴下を何種類か履いてもらい、2趾がまっすぐ伸びる靴下をチョイス。
  • 施術で、母趾の角度や内反小趾への改善アプローチを行った後、指先を延ばして歩くコツなどをお伝えしました。

足型診断の改善例

母趾の角度がかなり強い。
ハンマートウ気味で指先の圧も
強くなっています。
内側のアーチも潰れてしまっていて、
偏平足気味なので、かかと~土踏まずの辛さに繋がってます。
巻き爪傾向ではないけれど、拇趾の筋力チェックの結果、両拇趾とも使えていないため、かかとが大きくなっています。
集中フットケアのアドバイスとレッスン
母趾の角度が戻ってきました。
指先の圧も弱くなり、
体重のかかり方は足裏全体へ分散できました。
偏平足気味だった内側のアーチも戻り、
足幅もスレンダーになりました。
つまり、つぶれたアーチが復活してきた
証拠ですね

”痛みが嘘のようになくなり、
歩くことが楽しくなりました。”

靴を買いに行っても、販売員さんに勧められるまま、足幅の広い4Eや5Eの靴を購入していました。

今では2E~3Eサイズの靴でも、母趾があたらなくなり、踵の痛みも嘘のように気にならなくなりました。
歩くことが楽しくなりました。