タコや魚の目はどうしてできるの?

タコは、歩くときなどに着地した時の衝撃や、自分の体重を支える負荷をそのまま足裏で受け止めるため、足のアーチが崩れから、できやすくなります。
本来は母指球、小指球、かかとの3点アーチでバランスをとりますが、このアーチのバランスが内側、外側などに倒れたり、踵体重になりやすいと、タコや魚の目ができやすくなります。
ハイヒールでの着地面積が少ないハイアーチの方や、逆に偏平足の方もできやすく、足のアーチの歪みや骨格の歪み、О脚、X脚、自分の足型に合っていない靴(スニーカーでも)

原因は足だけではなく靴も影響していて、足のトラブルは生活環境ととても深い関係にあります。

また、ハードなフットケアで角質層を取りすぎて、その後に保湿を怠るとタコのように肌がカチカチで本来の柔らかさを失う場合があります。

タコや魚の目を繰り返さないために、足肌を考慮したフットケアで厚くなった角質層を無理なく除去し、肌を育てる保湿法、靴の選び方がわかるレッスン付きのスマホ改行「フットケア足型診断」のメニューをご用意しております。