靴は歩く道具ではなく足を守る役目

image-靴は歩く道具ではなく足を守る役目 | フットケアサロン 東京のサロンドピュアボディ

足を保護して守って歩く靴

日本は家の中では靴を脱いだ生活ですね。

でも、家から1歩出れば靴を履きます。

 

靴は、あなたの足を外的な刺激から守りながら、あなたの行きたいところに運んでくれます。

 

 

だから

足にとって靴は歩くための道具だけではないという事。

あなたの足を守り、保護して、歩くために必要なアイテム

 

そして

春、夏、秋、冬と気候に合わせて洋服とおなじように、足を守っています。

冷えから守るためにブーツという防寒靴があります。

雪道を歩くための構造の靴もあります。

水に濡れても大丈夫な撥水加工の靴。

歩く目的。走る目的。テニス用、ゴルフ用の靴。

目的や、用途によって靴を変えていますよね。

 

だから安心して出かけられるんですね。

靴の役割って素晴らしいと思いませんか?

 

そして、おしゃれを楽しむための靴。

いつかは手にしたい「私の足にぴったりのシンデレラ靴」ですね。

それは、「足を痛めない靴」 それは「足を熟知している靴」

私はそう思います。

そんなベストパートナーである靴に出会えたら嬉しいですよね。

 

足の悩み研究家・エイジレスフットアドバイザーⓇが靴の役割についてお伝えします。

 

 

靴を買う時、気を付けること

 

image-靴は歩く道具ではなく足を守る役目 | フットケアサロン 東京のサロンドピュアボディ

自分の靴を購入するとき、どんなことに気を付けたらよいのでしょうか?

 

・左右の足の大きさは何センチなのか。

・浮腫むのは朝なのか夕方なのか。

・どこの箇所がいつも当たって痛いのか。

・足のどこが歪んでいるのか。

・足の指は使えているのかどうか。

・足指の形と靴の形がマッチしているのかどうか。

・歩き方に癖がないかどうか。

・足のアーチは高いのか低いのか。

・踵の大きさは小さいのか。

・足首の可動域はどうなっているのか。

 

サロンドピュアボディでは、この他にも沢山のチェック項目があります。

 

つまり、足の計測だけでは靴を選ぶことはできないんです。

 

例えば同じ23.0センチの足で、足幅が9.0センチ、足のトウの形、いわゆるつま先の形が、スクエアという四角いタイプだとします。

 

でも同じサイズだとしても、

甲の厚さ、高さ、足裏の脂肪の厚さ、指の長さ、指の向き、爪の高さ、踵の大きさ、踵のカーブ、くるぶしの高さ

О脚、X脚 外反母趾、内反小趾、猫背、体重増加、股関節など

 

それぞれ足の特徴や足のトラブルは違います。

もちろん左右も一緒じゃないです。

 

つまり左右の違いはインソールで解決していく方がベターです。

最近は左右のサイズ違いを購入できる靴屋さんもありますが、

オーダーではないので、やはりピッタリとはいきません。

 

自分の足の形によってインソールの入れ方も位置も変わってきます。

 

合わない靴は足のストレスを引き起こす

 

image-靴は歩く道具ではなく足を守る役目 | フットケアサロン 東京のサロンドピュアボディ

足の健康を考えるには、自分自身で知っておくことですね。

足の形はもともと遺伝的な要素も沢山あります。 親とそっくりな足!って多いはずなんですよね。

 

でも、

後天的、いわゆる生活習慣など外的要素で足が歪んでくることもあります。

例えば、

趣味のスポーツ

スキーの靴が合わずに、外反母趾になってしまった方。

武道で前足部の筋肉が発達して肉厚になった方。

捻挫や骨折の時の後遺症。

 

でも、一番多いのは、足に合っていない靴でのウオーキング

意外ですよね。

ウオーキングが体にいい!だからどんな靴でもガシガシ歩く!

でも、もし、自分の足にフィットしてなければ、前滑りを繰り返している事になりますね。

 

5000歩歩けば片足2500回前滑りしてるという事です。

2500回足にストレスを与えている。

それって健康どころか、ダメージを与えていますよね。

 

 

もし、運動はしてないけど、毎日通勤で歩いてます。

そんな方は

・靴の踵が左右高さがすり減ってないか

・踵が傾いていないか

・前滑りしてないか

・スリッパのように引きずって歩いてないか

 

今一度チェックしてみてくださいね。

 

足や靴は、あなた自身を語ります

image-靴は歩く道具ではなく足を守る役目 | フットケアサロン 東京のサロンドピュアボディ

最近、【プチプラ、楽ちん】というキーワードが横行しています

ちょっと残念に思ってしまうんですが・・

「どうせ安い靴だからワンシーズンで履きつぶして捨てちゃう!」

「プチプラだし、いいや~~!」

だから汚れていても平気。

靴の中が汚れていても、、踵がすり減っていても、修理もメンテナンスもしない。

シワシワな靴のまま、濡れてぐしょぐしょになってもそのまま。

そんな方も多いのではないでしょうか?

 

 

ある統計ですが、意外にも男性は、女性の靴を見ているそうです。

どんなに綺麗にして、メイクもばっちり決めていても、靴が汚れていたら興ざめですよね。

ヒールのゴム底が取れて歩くたびに「カンカン」と甲高い音ををさせていたり、

ヒールの革が捲れてよれていたり、

以外にも目立つものです。

 

靴が汚い女性は、清潔感が無い

そんな意見もあるようですから、気を付けたいものですね。

 

せめていつも履いている靴に愛着を感じながら、

きちんとシューズキーパーで形を整える。

濡れた靴に新聞紙を入れて型を整える。

そんな靴に対する愛情表現もしてほしいですね。

 

 

 

本来の靴は、しっかりと足の構造を知り尽くし、貴女の足をあらゆる環境でも守ってくれる役目を持っているはず。

型崩れをし始めている靴でガシガシ歩いていると、足の軸がずれてしまい、足に負担がかかります。

 

そうなれば、女性の悩みで多い「むくみ」「ハリ感」にも繋がります。

靴の役目はあなたを守ってくれているんです。

 

いかがでしたか?

一生涯歩けるための靴、アウトドアや人生を楽しむための靴、華奢に見えてしっかりとあなたを支える靴。

靴は、足を守りながらあなたの人生を見ています。

そして・・これからも・・

靴を履いて自由に歩けるという事は

豊かな人生を作ることに繋がりますよ~~。

 

 

 

image-靴は歩く道具ではなく足を守る役目 | フットケアサロン 東京のサロンドピュアボディ