片頭痛と足裏のアーチについて

ストレートネックと偏平足

image-片頭痛と足裏のアーチについて | フットケアサロン 東京のサロンドピュアボディある日突然、片頭痛で辛くなったことってありませんか?

私初めてなりました。

先日、寝ている時に、右後頭部がズキっと頭が痛くて痛みで目が覚めたんです!

ズキッズキって脈を打つように痛みが〜(^^;;

朝起きてもズキっ

なぜか仕事中は痛くない、でも終わるとズキっ

 

何故か、この痛みが、移動しはじめ、耳の後ろや、頭の上部の方へ。

一週間頭痛が続き、さすがに病院へGO!

脳神経外科で、CT撮って超音波検査 もしてドキドキ(汗)

 

そして

先生 「全く問題なし!   首からの頭痛だね!」

 

私  「そ…そうなんですか??」

 

思い当たる事といえば、

重い荷物を連日、右肩にかけて移動していた

普段あまりしないパソコン作業に明け暮れた(結局パソコンの不具合が見つかり修理に・・)

実は私はストレートネック

通常は重い頭を支える首は、ゆるやかなカーブになっています…image-片頭痛と足裏のアーチについて | フットケアサロン 東京のサロンドピュアボディ

大体30~40度くらいのカーブが理想だそうです。

でも、ストレートネックはほとんどまっすぐ。

だから頭を支えるのに、負担も大きく、首周りも固くなっていくそうす。

 

なんでこんな話をしたかというと…

足も同じだから!

 

 

足のアーチが腰痛やひざ痛を引き起こす


image-片頭痛と足裏のアーチについて | フットケアサロン 東京のサロンドピュアボディ足は体の約4分の1の骨と靭帯や関節包、筋肉などで形成されています。

そして足裏には身体を支えるゆるやかなカーブ。

いわゆるアーチがあります。

身体を支える足裏のアーチが、もし、ペッタンコになったとしたら?

 

 

 

 

o0480087313832006603-1

 

足首がねじれているのがお分かりですか??

身体を支える足裏のバネの役割が無いわけだから、

歩く時、飛び跳ねるとき、走るときなどの地面の固い刺激は、本来足のアーチがバネの役割を担って緩和されます。

でも、アーチが潰れてしまうと、地面の固さや歩く時の体重の負荷を支える機能が低下します。

そうなると、他の関節に歪みをもたらしてしまいます。

 

膝や腰に痛みが出たり、カカトが痛くなったり

足首が痛くなったり、足裏全体が疲れたりと痛みや辛さを伴ってしまうんですね.

 

ストレートネックが原因で頭痛が起こるように

足のアーチの歪みが、膝や腰痛を引き起こしているかもしれません。

 

 

片頭痛、膝、腰痛予防法

首からくる「片頭痛」と足のアーチが崩れてくる「膝通、腰痛」の予防を見てくださいね。

・冷やさない事

ネックウォーマーで首を温める

レッグウォーマーで足首を温める

 

・血流促進

お風呂で頭皮マッサージ

お風呂で足や指の骨周りを一つ一つを丁寧にマッサージ

 

・正しい位置に矯正する

寝るときの枕の高さ調整

潰れたアーチの高さに合ったインソール、指のアーチを作るインソールで調整

 

・負担をかけ続けない

 

長時間パソコンをする時は姿勢、目線の高さを合わせる

長時間歩く時は、正しい姿勢と正しい靴選びをする

 

ね!   同じでしょ?

 

ちなみに私の頭痛、上の項目を実行したら、うそのように治りました〜!!

 

あ!

赤ワイン、チーズ、チョコは避けた方が良いそうです。

寝すぎも注意です(笑)

 

 

足裏のアーチは気が付かないうちに歪んできます。

足の小さな骨が一つ一つ、少しづつズレ始めていく事には気が付かない。

 

それが痛みや辛さを引き起こして、初めてわかる。

 

その前に、フットケア足型診断 で予防しませんか?

 

image-片頭痛と足裏のアーチについて | フットケアサロン 東京のサロンドピュアボディ